FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月7日 金剛山 れんげ祭

20140707_113133.jpg

  7月7日 この日は 金剛山の頂上近くにある 転法輪寺で

   夏山開きも兼ねて たくさんの行者さんが列をなして

   法螺貝を吹き 大護摩祈祷と 火渡りの行事があります

   空を見ると 金剛山には 真っ白い雲で覆われていました

   ”雨でも 濡れても良し”と決めて 大胆にカッパも傘も持たずに
 
   いざ、金剛山へ。。。。一人向かっていたら 登山口付近で

   何か特別なオーラを感じる女性が歩いてる。。。と振り返ったら

   あの、ネパールやヒマラヤを 今や闊歩?!する稲葉さんに

   バーーッタリ!   よほど彼女と道連れ登山したかったのですが

   私の左足 複雑骨折で手術して以来の久しぶり登山で 自信なく 、

   登るスピードも違うので 私は ロープウェイで 香さんはカトラ谷経由

   で 山の上で合いましょう!ってことで ロープウェイの駅行きました


20140707_163441.jpg

   ロープウェイも久しぶりでしたが 鳥になったようで

   山の木々を見下ろせるのは 気持ちいい♪

20140707_115709.jpg

  ロープウェイの駅に着いたら 辺りは霧で真っ白ー。

  歩く人も 少なくて かろうじて 前を歩く二人の姿が霞んで見える

  あーー雲の中を歩いてるみたい。。。

20140707_115811.jpg

   雨に濡れて 野生のあじさいも ひときわ 鮮やかな色に。

20140707_122826.jpg

   人気の少ない 霧の山道だったけれど  法螺貝の音が ぼぉーーっ、

   ぼぉーっと聞こえて来ました  やっと頂上近くの転法輪寺に着きました

20140707_121228.jpg


    まずは 本殿のご本尊 法起大菩薩にお詣りです

    ここは住所でいうと 奈良県御所市 高天になるのですね

    7月7日は 修験道を開いた 役小角の命日にあたり

    れんげ祭りとして 奈良など各地でお祭りされています

    wikiで調べてみると  役小角が16歳のとき金剛山に

    登って苦修行を重ねた結果、665年祖神一言主大神を
 
    を鎮守として 法起大菩薩を祀る金剛山寺(転法輪寺)を

    建立して神仏習合の霊山としたのが開創と伝えられる。

    -とあり  山を修行の場としてきた古い歴史があるのですね

20140707_123956.jpg

   香ちゃんとは ここで 一緒になり チベットの山の話も 

   イッパイ聴きたいけれど  貴重なカメラチャンスは逃さない私達。

20140707_130125.jpg

   山伏さんの先頭に続いて お寺の 第六十一代住職 光龍さんが

   紫のお衣装で本殿のお祈りから降りて来られました

20140707_122946.jpg

   
   光龍さんのお言葉で

   私達は 山を歩きながら自然と自分が一つであることに  

   気付いたり 生かし生かされていることに感動し、新しい自分に
  
   出会えることが出来るのが、修験の道のひとつだと思います

20140707_154858.jpg

   また本来 自分に備わっている佛心を磨き 萬物すべてのものに対して

   優しい心を、 目を 、手を差し伸べる力を、修めることが、
  
   葛城修験道の第一歩なのです。  と。。。。

20140707_133909.jpg

   そして 大護摩祈祷へ。。。火が着けられる前に四つの方向に

   矢が放たれて 白煙がもくもくと湧き上がり ついに炎が勢いよく

   燃え上がりました

20140707_133642.jpg

   神仏に祈る 国の安泰 平和。 そして人々の苦難を 罪や穢れを焼き滅ぼす

    かのように 炎はますます勢いを増し 祈りの読経も山に響き渡ります

20140707_142218.jpg

   護摩壇の燃え続ける組んだ木を 行者さんが 平らに並べ祈祷してから

    火渡りの行が始まりました

    本当に並べられた木の間からは 炎がメラメラとしていて

    ”えっ?! まさか?このまま渡るのだろうか?”と驚きましたが

    ご住職の光龍さんが 最初に渡った後に 続いて一般の人々も

    お札を渡されそれを手にして 次々と渡りました

    次は 私の番という直前に 行者さんが皆に ”慌てないで ゆっくり

    渡ってください”と 言われましたので ドキドキしながらも落ち着いてと

    自分に言い聞かせて   ”えいっ、やぁー”

20140707_143255.jpg


    白いお清めの塩を踏んで  炎の立つ木々を 無事 渡ることが出来ました

    勿論、熱くないことは無いですが 渡り終えて雨にぬれた土の感触が

    足裏に 気持ち良く 無事に 護られている事に感謝しました。

     火のもつチカラと水の優しさ、有難さを  感じさせていただきました

20140707_155311.jpg

   帰り道 来た道を ロープウェイの駅へと 歩いていたら

   誰もいなくて 淋しい夕暮れの山道で  ヒョーッコリ現れたのが

   このガマ?カエル ひきかえるかな?

   嬉しくなり 声をかけてみました !(^^)!

   ありがとう!かえるくん って。

   デカイかえるは わたしが顔を近づけると 道のど真ん中から

   のっそのっそぉ と、身をひるがえして 草むらに消えていきました

   なんだか嬉しかったナ。  いろんな命を育んでくれている山ー

   金剛山 また季節を感じて 草や木や花や 虫や動物に

   会いに行きたいです    

   

   
    

    
スポンサーサイト
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧

Ats the way
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。