FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空海ストーリー

20140811_110841.jpg

ブログの更新が夏休みモード?に入り

  お伝えしたいこともありながら のびのびと、夏を過ごしていました

  八月八日は 梅田にある阪神百貨店での ” 空海ー高野山1200年至宝展 ”に
 
  行ってきました  ふれる空海など 蘇る空海と密教の世界に 触れる時間でした

  この日は 私にとって 来年へのゲートにも感じ 最近、本当に空海さんの

  シンクロが 驚くように続き アムリタの金剛山の麓も含めて 祈りの道である

  紀伊半島の参詣道、聖地巡礼が 地図になって増々 浮かび上がって来ました

   来年は高野山が開かれて まさに1200年だそうで 空海さんが生きていた

  平安時代から 私達の生きるこの時代までの時代の流れをも思ったりします

  でも  ” 時は今 ” ” 時は来たれり ”と 何かの声が聞こえる気がします

20140813_055922.jpg 

  そんな折しも 奈良・吉野山から 高野山へ 若き日の空海が 山岳修行された

  という道が 再び蘇りつつあります   以下はプロジェクトの案内文より拝借して

  転載させて頂きます


  空海ストーリー

 真言密教を確立し 根本道場として高野山を開創
 した空海、現代に名を残すこの天才僧にも、24歳
 で出家を志し、31歳で正式に僧侶となるまでには
 苦悩の日々があった。
 学生の頃、官僚を目指してエリートコースを歩んで
 いた空海だったが ある日、それまで得られなかった
 手ごたえを吉野山~高野山の旅で見出す、これが
 空海の転機となり、敷かれたレールからドロップ
 アウト、山岳修行に明け暮れる日々が始まる。
 さまざまな偉業を成し遂げた空海の人生の原点。
 それが、この「 弘法大師の道 」 なのだ。



  弘法大師の道Projectとは?


 高野山開創1200年(平成27年)に向け、空海
 (のちの弘法大師が) 若かりし日に歩いたとされる
 道を現代によみがえらせるプロジェクト。
 「 少年の日に吉野山から1日南行し、さらに西に
 2日間歩いて高野山に至った 」 詩文集 性霊集に
 あるこの記述から、吉野山と高野山という、世界遺産
 「 紀伊山地の霊場と参詣道 」 の2大霊場が、空海
 の歩いた道により結ばれ、新たな巡礼道となることを
 目指す。信仰の道と開創の道を整備予定。


 このプロジェクトに寄せて 総本山金剛峯寺の
  松長有慶 座主のメッセージは。。。

  格別な聖地はまた、特別な力を有していました
  「 潤水一杯、朝に命を支え、山霞一咽、夕に
  神を谷う 」 
  「 山中有何楽 」
  朝、谷川の水を飲むと神聖なエネルギーが体中に
  あふれ、夕べに霞を吸うと精神力が凝縮されるという
  大日如来の法身の里だったのです。ここに、弘法大師
  が真言密教の根本道場を高野山に開創された意義が
  あります。 
  今、1200年という年月を経て 「弘法大師の道 」が
  顕現しました。かつて弘法大師が憧れ続けた平原の
  幽地への道に、ひとりでも多くの人が歩を進めることを
  願ってやみません。
  

  そして  金剛山麓にある 千早の薬草茶庵アムリタはー
  
  高野山へも 一時間半 吉野へも一時間という距離に
  あり 金剛山も若き空海さんは 山修行に来られて
  いるかもしれません アムリタの古民家の真下の道には
  弘法大師さんが 古い建物でお祀りされているのです
  由来を知りたいのですが 多分 ここも空海さんが来られた
  のでしょう。と思っておまいりさせてもらっています

  また 興味のある方は お遍路さんじゃありませんが
  薬草茶庵アムリタにご宿泊いただき 聖地巡礼への
  皆さまのお手伝いができればと 思っています

  秋には 高野山での 結縁灌頂(金剛界)が
   2014年 10月1日~3日にあります
   私も一日には 春に(胎蔵界)結縁灌頂受けられた
   お客さんと一緒に 行く予定です

20140810_094129.jpg

  先日 台風のなか 富田林にあるお寺、滝谷不動尊。
  ここも空海さん御作といわれる お不動さん 真言密教のお寺。
  月に一回の(毎月第二日曜) 不動経の写経に行ってきました

   台風の最中で さすがに参加者は他にいませんでしたが
   丁寧に 書き方の作法を教えて頂きました
20140810_094137.jpg
20140810_094149.jpg

  胎蔵界 金剛界の曼荼羅のあるお部屋にて
  
  ゆっくり墨をすり こころ落ち着けて写経します
  
  不動経は般若心経より短く 一時間あれば
 
  誰でも書けるものです(写して書くだけです)

  次回は9月14日 朝は午前9時30分には
 
  受付を澄ませておくといいでしょう

  書いた写経は 大塔に納められるそうです
  (納経 千円必要) 滝谷不動尊寺

  四国お遍路さんを 経験していなくとも

  空海さん、 お大師さんとして親しまれ 

  なぜか?ご縁ある人々と繋がるようです

  南無大師遍照金剛  

  62歳の入定される時まで この国の安泰と

  衆生ひとり一人の救済を願い 今もなお、

  高野山にはお大師さまが おわしますなると
  
  詠にあるように 奥ノ院にお参りする人々が

  絶えまなく続いています   今はお盆ですし 萬灯会の

  ろうそくの灯りが高野山、 美しいでしょうね

  先祖や あの世におられる方にも 心を

  向けて このブログで繋がるあなたにとっても

   いい時間でありますように。

  京都五山の送り火も もうすぐ。。


  今夜も訪ねてくださり 有難うございます

   営業日のお知らせ*

  今月8月は金曜土曜日 アムリタカフェは
  お休みさせて頂きます
  9月からは 土曜と日曜日*午前11時オープン

  ご宿泊、 聖地案内、 アロマトリートメントご希望の
  お客様は こちらのメールに お名前とご希望日
  メニュー項目を書いて ご連絡下さいます様、
   よろしくお願いします 
chinmai629@ezweb.ne.jp
もしくは 携帯 090-1024-0629

 薬草茶庵アムリタ
 南河内郡千早赤坂村千早242
 龍見 ひろみ

  
 


 
  
    

  

      



   

  
                     
                     
                                                 
                
                     
           
                    、 
                     
                     


  

  
スポンサーサイト
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧

Ats the way
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。