FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画 大いなる沈黙へ 

20140903_075601.jpg

   この映画の情報を知った時 早く見たい!と思っていました

    普段は ほとんど映画を観ない私ですが

    十三駅を降りて キキとして 第七芸術劇場に向かったのでした

    この映画 ドイツ人の監督が フランスのアルプス山脈にある

    グランド・シャトルーズ修道院に撮影を申し込んでからー

    16年後に ようやく準備が出来たと返事が来たのです
 
    とはいえ  ただし条件があり、監督のみ入ること許され

    照明も使わず、ナレーターや音楽も付けないという約束のもと

    構想から21年かけて出来た映画だそうです

20140903_075653.jpg
                                                       パンフレットからの写真引用

    私が観終えた感想は 到底、一言では表現できませんが

    こころに残る作品になったことは 間違いありません。

    修道院での生活は 食事も一人だし 日常会話も許されていない

    ので(日曜日は別として) 個人として しっかりとした信仰がないと

    暮せない 一番厳しい戒律の修道院と言われています

    しかも アルプスの山々の ひっそりとした修道院の教会で

    真夜中に 祈る声が 暗い灯火のなかで響き 雪に覆われる冬も

    雪解けの春も。。。一年を通して毎日、本当に日々祈る姿は

    文明化社会では忘れられた  大いなる沈黙の世界です

    


    この教会に修道士として入るときに 厳しい戒律とともに

     しかしながら   いつでも退く自由も同時に与えられているのです

    ここに暮らし 神に捧げる祈りは 一切は自らの強い意思において

    捧げられるものなんです  

    まだ 上映やっているので ゆっくり観てほしい映画です

    グランド・シャトルーズ 修道院はフランスのアルプス山脈ですが

    アムリタは 金剛山の麓で 

    身体と心の 癒しをテーマに ひっそりと隠れ家のように

     !(^^)!静かな時間を持ちたい お客さんをお待ちしています




    アムリタでは 宿泊のお客様に 朝は短い瞑想の時間として

    一緒に座り 生かされていることへの感謝の時間でもあるの
   
    ですが¥ そのとき静かに流す音が  グレゴリオ聖歌なんです

    改めて  YouTubeで グレゴリオ聖歌を検索したら いくつか

    お気に入りが見つかり 一日のうちで静かに過ごしたい時には

    グレゴリオ聖歌、心も落ち着きますね。  

    季節の変わり目 秋には 暖かいハーブティと グレゴリオ聖歌

    本当に いい感じで 場もクリアリングされる感じ!

    クリアリング(場を清浄化すること)には  国産の森の木の精油

    を使った アロマスプレーもあります (森のアロマ  木霊の香り)

    杉 檜 高野槇など 木に含まれる精油には

   殺菌効果や 空気を清浄にしてくれる成分が含まれていますので

   森の木の精油を ぜひ、おすすめします
              (天川の杣さん 飛騨高山オークビレッジ Yuicaなど)


   映画の話から 香りの話になってしまいましたが 

   夏から秋へ 香りや音もうまく使いながら 

   カラダと心をバランス  整えるヒントになれば 幸いです


    薬草茶庵 アムリタ         
    龍見ひろみ

    
スポンサーサイト
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧

Ats the way
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。